車査定の前にワックスはかけるべきか

車の査定では、自動車の状態は見られます。人によっては査定士に対する印象を良くするために、一生懸命に車を掃除している方もいらっしゃいますね。

事実、車の掃除は意外と大事だと思います。掃除しておく方が、査定士に対して「車を大事にしている」というイメージが伝わりやすいからです。車のアピールをする為に努力している方が、確かに査定士に対する印象は良くなると思いますね。

ところで車によっては、たまに表面がツヤツヤと光沢を放っている場合があります。あれは、見栄えがとても良く見えますね。なぜ光沢を放っているかというと、ワックスを用いているからです。車の表面に対するコーティングといったところでしょうか。 では車に対してワックスをかけておくと、査定ではプラスになるのでしょうか。

プラスになります。ワックスはかけておく方が良いと思います。しかし劇的にプラスになる訳ではありません。 そもそも上記の掃除にしても、劇的に査定金額がアップする訳ではないのです。若干はアップするという程度でしょうか。しかし、それでもワックスがけは査定士に対するアピール手段としては有効のようです。査定士も人間ですので、車を大事に使っていた方には好印象を抱くケースが多いそうなのです。

ですのでワックスは、かけておく方が良いです。ちなみにワックスは、それほど高くはありません。せいぜい数千円程度で購入する事が可能です。少なくとも車の修理代に比べれば、遥かにリーズナブルですね。

数千円の投資で査定士に対する印象が良くなるのでしたら、決して高い買い物ではないと思います。多少の手間と費用はかかりますが、それを惜しまずにワックスはかけておいた方が良いではないでしょうか。