10年くらい前に発売された車を売る時のポイント

車の買取専門店による金額というのは、車の販売時期と大きな関係があります。1つ頭に入れておいた方が良いのは、10年落ちの車ですね。そのタイプの車の場合は、売却金額がやや低めになる傾向があるのです。

10年落ちというのは、簡単に言えば10年前に販売されている車です。現在の西暦が2,010年だとすれば、2,000年前後に販売されている車はちょっと売却金額が低めになる傾向があります。

ちなみに3年前や4年前などの場合は、そうでもありませんね。つまり上記の例で申し上げれば、2,007年や2,006年ぐらいに販売されている車であればそれほど売却額は低めにはならない傾向があるのです。

このため10年落ちの車を売却する時には、ちょっとお店をよく選んだ方が良いと思います。というのも10年落ちの車は、たいていのお店ではあまり高く買いません。しかし一部の業者では、そのような車でも比較的高い金額で買い取ってくれる場合があります。ですので10年落ちの車を選ぶ時には、一括査定サイトやオファーズのような所を利用する方が良いでしょう。後者のオファーズなどは、案外と高い金額が付くかもしれません。

ただ一言付け加えておくと、10年落ちであれば「必ず」売却金額が低くなるという意味ではありません。車種に左右される一面もあるのです。
オデッセイ 下取り価格

例えば高級車ですね。現に最近もある10年落ちの高級車が売却されたそうです。その売却データの中には、100万円を超えているようなものもありましたね。

ですので人気がある車などは、たとえ10年落ちであっても高く売却できる可能性があります。ですので人気車を売りたい時には、「人気のある車ならば高く買う」スタイルの業者を選ぶのが大事だと思います。 ですので10年前に販売された車を売りたい時は、とにかく業者を選ぶのが大切です。